お知らせ

SEMINAR

【プレスリリース】スマサポの“入居者アプリ”と賃貸管理システム“i-SP”がデータ連携

2020年6月1日

●基幹データと連携し不動産管理会社の入居者対応をアプリで効率化

賃貸不動産マーケットに対してテクノロジーを活用したサービスを提供する株式会社スマサポ(本社:東京都、代表取締役:小田慎三、以下「スマサポ」)と、不動産会社を IT システムでトータルサポートする株式会社ビジュアルリサーチ(本社:東京都、代表取締役社長:中川一彦、以下「ビジュアルリサーチ」)は、不動産管理会社向け基幹パッケージ「i-SP」と、スマサポ社が提供する入居者向けアプリケーション(以下、入居者アプリ)の API によるリアルタイム連携を開始いたします。この連携により、2つシステム間のデータを共通化することで管理会社の業務効率化と入居者の更なる満足度向上を実現します。

スマサポは全国の賃貸不動産管理会社に対して入居者メリットや業務効率化を実現する様々な商品、サービスを提供しており、サービスのひとつである「入居者アプリ」は、基幹システムとのデータ連携を行うことで入居者に対して契約内容の確認や解約などの各種手続きをスムーズに受け付けることが可能になります。ビジュアルリサーチは、賃貸不動産管理会社に対して基幹パッケージ「i-SP」を提供することを主力としたシステム開発・提供を行っており、賃貸不動産管理会社の導入実績は国内トップクラスを誇ります。

ビジュアルリサーチが提供する基幹システムとスマサポが提供する入居者アプリとのデータを連携させることで、管理会社の業務効率化や入居者メリットの更なる拡充が期待できます。不動産管理会社が入居者アプリと i-SP を導入することで、入居者はアプリで 24 時間 365 日管理会社に問い合わせることができる他、基幹システムとのデータ連携により退去手続きや管理会社への各種申請手続きなどをオンラインで行うことが可能になります。また管理会社にとっても電話での入居者対応からオンライン対応へと業務をシフトすることができ、さらに基幹システムに入力した情報をタイムリーに入居者へ通知できるなどさらなる業務効率化が期待できます。
スマサポは、本提携により入居者アプリをはじめとするサービスの強化を図るとともに、今後も賃貸不動産管理会社を通じて入居者や業界に対しよりメリットのある商品・サービスを提供してまいります。

■株式会社スマサポ
スマサポは SMART な暮らしを SUPPORT することを目指して、不動産資産価値の向上、入居者メリットの拡大、業務効率化といったテーマに対し、既存商品・サービスを更に深堀する新しいビジネスモデルの構築や、IT 技術を活用した仕組みの提供など、不動産管理会社、不動産仲介会社に対して新しいスマートなサービスを届ける IT サービス企業です。

名称 :株式会社スマサポ
本社所在地 :東京都中央区日本橋3-6-2 日本橋フロント1F
代表者 :代表取締役 小田慎三
設立年月 :2015 年 10 月
資本金 :175,000,000 円(資本準備金含む)
ウェブサイト :https://www.sumasapo.co.jp/
事業内容 :
住まいや暮らしに関するライフサポートサービスの提供と不動産プラットフォームの開発


■株式会社ビジュアルリサーチ Visual Research Co.
ビジュアルリサーチは、1995 年の設立以来、一貫して賃貸管理業務、賃貸仲介業務、売買仲介業務に特化したシステムを開発してきました。現在では、賃貸管理システムのみならず、賃貸仲介や売買仲介に、家賃保証などのファイナンス事業、不動産ファンド管理システムなど、不動産業界のあらゆる分野をカバーする体制を整え、不動産ビジネスをより円滑にするプラットフォームやサービスの提案を通して、不動産業に関わるあらゆる問題に対し、システムを通して最適なソリューションをお客さまにお届けしています。

名称 :株式会社ビジュアルリサーチ Visual Research Co.
本社所在地 :東京都品川区大崎 5-6-2 都五反田ビル西館 7 階
代表者 :代表取締役社長 中川一彦
設立年月 :1995 年4月
資本金 :80,000,000 円
ウェブサイト :https://www.visualresearch.jp/
事業内容 :
システム事業/不動産業に特化したパッケージ・ソフトウェアの開発・販売・運用・保守
ファイナンス事業/大手信販会社とタイアップし、家賃保証人代行、家賃立替、収納代行等のサービス提供
データセンター事業/耐震・防火構造の建物内で、電源・空調などのインフラとネットワーク機器・サーバー機の提供

お知らせ一覧に戻る